PROFILE
LINKS
CALENDAR
calendar
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
recent comment
OTHERS
SEARCH

虚に潜む実 vice versa
TEXT / Yosuke Kurita
ある外国人の方の英語による講演を聞いたり、または日英表記されているインタビューなどを読んだとき、通訳・翻訳がちょっとしたところで誤訳していることは良くあります。大筋で言えば通じるのですが、その誤訳の部分で一番伝えるべき要点が抜け落ちてしまうこともあります。そういったとき残念でならない気持ちになりますが、それをどうすることもできない面もあるのが実情です。

日・英ですらそういったことがあるのですから、それが他の言語だとなおさらだと思います。また言語はぐるっとまわり感覚に作用する側面もあるので、多面的なスパイラルを築いていて、デザインなどにも表われ、それが日本らしさ、またはその言語が使われる国らしさ繋がるのかなと感じます。

インタビューを日本語で読むのと、他の言語と読むのでは受け取り方に微妙なズレが出てくることもあり、CBCNETでも日・英をどう扱うかっていうのは難しい問題だな、って思ったり思わなかったりします。
| - | - |
pagetop
<< Anger is a gift. | main | 最近のあれこれ。 >>